上橋菜穂子 公式サイト  「木漏れ陽のもとで」

ブログ

ブログ 【上橋菜穂子 公式サイト】 上橋菜穂子 公式サイト 日々雑感 【上橋菜穂子 公式サイト】

お誕生日か~い!

昨日は七夕
関東では、久々に織姫さん、彦星さんに会えたところも
あったような、ですね。

七夕の一日前に
お誕生会をしていただきました。
私のお誕生日より一週間ちょい
気が早いお祝いだったのですが(笑)

もともとは三年前
母の病が見つかって
私が穴の底にいるような状態になったとき
愛しの編集者さんたちが
一晩だけでも
穴の底から出ておいで、と
引っ張り上げてくださって
スタートした会で
今年で三回目
だんだん参加人数が増えて
16人に!
幹事をしてくださった
理論社のKさん
(『狐笛のかなた』の担当編集者さん)のお陰で
なんと、16人全員が
ひとつのテーブルを囲んで
顔も見えるし声も聞こえるという状態で
美味しい中華をいただきました。

その上、素敵なプレゼントまで頂いちゃいました!
2017年お誕生日会プレゼント.jpg

私がデビューしたのは平成元年
考えてみると
来年にはもう
作家になって30年になるのです。
びっくりです。

その30年の年月を
私は多くのスゴイ編集者さんたちや
スゴイ書店員さんたちに支えられて来たのです。

私の物語が
ドラマやアニメになるとき
常にその道筋を切り開いてくださった方も
おられますし
公私共に私を支えてくれている
チーム上橋(秘書さんズ)もいてくださって
いまの私があるのです。

この会は、いつもそれを思い出させてくれます。

むかしは、編集者さんというと
常に私より年上の
お姉さまばかりでござりましたが
いまや
私の本を子どものときから読んでいた(!)
という
若くて美人の編集者さんたちも増えてきて
(私は、出版社の入社試験には
絶対、「見た目」も重要な要素だろうと睨んでおります 笑)
やがて
年上率と年下率が逆転していくのでしょう。

......いや、そりゃ、つまり、
私が年をとっていくってことですけどね(^^;

昨年の秋からスタートした
池袋ジュンク堂での作家書店
無事に終了しましたが
この企画は
ジュンク堂の児童書担当の市川さんの
熱烈パワーで実現した企画でした。

市川さんはずっと
拙著を大切に売ってくださっていて
私は長いこと、ひたすら感謝しておりましたので
今回、わずかにご恩返しができたかなと
思っているところなのですが
なんと!
お誕生会をしたその日が
市川さんのお誕生日だったのです。

おお、市川さん
なんとばっつり
お誕生日か~い!! ということで
ウォンバット店長から
謹んで花束色紙を贈呈させていただきました。

2017.JPG

2017年お誕生日会ケーキ2.jpg
本当に幸せな一夜でありました!

facebook twitter
カテゴリ
アーカイブ
ページトップ