上橋菜穂子 公式サイト  「木漏れ陽のもとで」

ブログ

ブログ 【上橋菜穂子 公式サイト】 上橋菜穂子 公式サイト 日々雑感 【上橋菜穂子 公式サイト】

黄斑上膜の手術体験記(5)

いよいよ手術のお話になりますが
その前に、ひとつだけ。

私の手術では
一般的に使われている局部麻酔の
キシロカインは使われませんでした。

キシロカインって
あの、歯医者さんで抜歯するときなどに使われる
強い麻酔薬です。
あれを注射されると
しばらく、押されているような鈍い感じ以外
なにも感じなくなりますよね。

ですから、
これから黄斑上膜の手術をされる方で
キシロカインアレルギーがない方は
麻酔の注射を最初に射すとき以外
(これだって、我慢できないような痛さじゃないです)
ほとんど痛くない、と思います。
だから、安心してください。

私は
もしかしたら、キシロカインにアレルギーがあるかも?
という疑念が払拭できなかったので
安全のために
キシロカインを使わず
それより、やや弱い麻酔を使ったのだそうです。

なので......かなり、痛かったです(^^;

でもね
大丈夫ですよ。
私は痛みに弱いビビリですが
それでも、耐えられないような痛みじゃありませんでした。
なんとかなるもんです。

「これだけ凄いことされていると
今夜は眠れないくらい痛いんだろうなぁ」
と、術中、しきりに思っていましたが
そんなこともなく
術後は
マックスの痛みを10とすれば
4か3ぐらいで
痛みで眠れないというような
鋭い痛みはまったくありませんでした。

手術室は感染症予防のために
かなり寒いです。
寒いだろうな~と思っていたので
私はふくらはぎから足の先まで
温めてくれる
ゆるゆるソックスを
パジャマのズボンの下に履いていきました。
(ちなみに、締め付けるものが苦手なので
靴下は苦手ゆえ、つま先は出ているヤツでしたが 笑)

左の腕には点滴
指にはパルスオキシメーター
「サチュレーション(血中酸素飽和度)、どのくらいですか?」
と尋ねると
「いま、98ありますね」
とのこと。

右腕には血圧計
血圧は、後で尋ねたところ
マックスのときは140ぐらいだったそうで
日頃は109くらいしかないのに
やっぱりビビッてたんだ~と
思ったり(笑)

私は仰向けで長時間寝ていると
腰が痛くなってくるもので
それが不安でしたが
同じ心配している方
大丈夫です。
それどころじゃないですから(笑)
腰痛を感じる暇なんぞ、ありませんでした。

次の(6)からは、手術の描写をしますので
苦手な方はとばしてくださいね。

facebook twitter
カテゴリ
アーカイブ
ページトップ