上橋菜穂子 公式サイト  「木漏れ陽のもとで」

ブログ

ブログ 【上橋菜穂子 公式サイト】 上橋菜穂子 公式サイト お知らせ 【上橋菜穂子 公式サイト】

『SWITCHインタビュー 達人達』が本になりました

厳寒の釧路を訪れてから
もう一年!
時が経つのは、本当に早いですね~。

野生の猛禽類のお医者さん
齊藤先生と対談した様子は
NHKのEテレの番組
「SWITCH インタビュー 達人達」で放送されましたが
実は、あの対談
齊藤先生のお話があまりにも面白くて
ふたりでフィーバーしてしまい(表現古いかな 笑)
釧路で3時間
私の自宅でも3時間近くお話していたのです。

番組は実に巧く編集されていましたが
あの番組の向こう側に
放送されていない、長い、長い会話があったのでした。

それをもったいない、と思ってくださった
番組スタッフのお声がけと
講談社の
我が愛しの担当編集Kさんのご尽力で
『世の中への扉 命の意味 命のしるし』というタイトルの本として
出版していただけたのです。

長い対談を文章にまとめてくださったのは
瀧晴巳さん。

私の本を良く読んでくださっている方は
瀧さん、と聞くと
「あ、『物語ること、生きること』の......」と
気づくかもしれませんが
そう、その瀧さんであります。
彼女は
インタビューをし
それを見事にまとめて魅力的な本にしてくださる
天才的なフリーライターさんなのです。

彼女のお陰で
子どもたちにも読みやすい
素敵な本になりました。

テレビカメラを向けられて
初対面の方と
限られた時間で対談するというのは
素人の私には、とても難しく
釧路で収録した部分では
齊藤先生の声に
私の言葉がかぶさってしまったことが何度もあって
あ、まずい、と思っても
あがっていて、修正できず(^^;

放送された番組をみながら
齊藤先生、ごめんなさい、と
反省していました。

あれを悠々とこなしていた
我が同級生、はいり殿はエライ!
さすが女優!
と、思ったのでありました(^^;

でも
とにかく、齊藤先生のお話が
とてもとても面白くて
いつのまにか
緊張もどこへやら
あちらこちらへ話が暴走して
3時間、ゆうに過ぎていた、という感じでした。

シマフクロウを
生まれて初めて見て、
その大きさにびっくり仰天しましたが
同時に
両目が正面を向いているその平坦な顔をみたとき
一瞬、人の顔を見ているような気もちになり
ああ、深い森の中で、この生き物に出会ったら
私も、カミと行き会った、と思うだろう、と感じました。

『世の中への扉 命の意味 命のしるし』
手にとっていただけたら、うれしいです。
イケメン齊藤先生の、若い頃のお写真もたくさん載っています!(笑)

***********************************


287025.jpg

『世の中への扉 命の意味 命のしるし』講談社刊

 

■書籍詳細→講談社BOOK倶楽部

■番組詳細→SWITCHインタビュー 達人達

*2/9(木)Eテレ午前0:00〜午前1:00、番組再放送予定です。 

facebook twitter
カテゴリ
アーカイブ
ページトップ