上橋菜穂子 公式サイト  「木漏れ陽のもとで」

本の紹介

本の紹介 【上橋菜穂子 公式サイト】 本の紹介 【上橋菜穂子 公式サイト】
【上橋菜穂子の本の紹介】すべて 【上橋菜穂子の本の紹介】物語 【上橋菜穂子の本の紹介】エッセイ 【上橋菜穂子の本の紹介】コミック 【上橋菜穂子の本の紹介】映像化作品 【上橋菜穂子の本の紹介】海外翻訳版

隣のアボリジニ

隣のアボリジニ

文庫版

電子書籍版

出版社: 筑摩書房
独自の伝統文化を失くした町住いの先住民。彼らの過去と現在を、アボリジニの視点と白人の視点を交差させつつ描く。多文化主義オーストラリアのもう一つの素顔。

夏ものがたり(縁日の夜)

夏ものがたり(縁日の夜)

単行本版

出版社: 偕成社
絵: 高畠那生
編:野上暁
上橋菜穂子、北村薫、村上春樹、江國香織、水木しげるなど、人気作家による夏にぴったりの作品を集めた季節のアンソロジー。

物語ること、生きること

物語ること、生きること

単行本版

文庫版

青い鳥文庫版

電子書籍版

出版社: 講談社
絵: 辻恵(単行本版・文庫版・電子書籍版)
文・構成:瀧晴巳
物語は、いずこから生まれるのか。上橋菜穂子が、原体験となった祖母の昔話から、自作の誕生秘話までを語る。読むことの喜び、書くことの喜び、そして生きることの喜びを教えてくれる一冊。

明日は、いずこの空の下

明日は、いずこの空の下

単行本版

電子書籍版

出版社: 講談社
カバー絵:上橋薫(単行本・電子書籍)
17歳の夏、初めて旅したイギリスとフランス。フィールドワークで行った沖縄やオーストラリア。海外旅行で訪れた国々……。17歳の夏から現在までの、旅の思い出を綴る。『小説現代』連載に書き下ろしを加えて単行本化。

三人寄れば、物語のことを

三人寄れば、物語のことを

単行本版

出版社: 青土社
上橋菜穂子
荻原規子
佐藤多佳子
三人の物語の秘密が解き明かされる! ? 〈守り人〉シリーズ、『獣の奏者』、『西の善き魔女』、『RDG レッドデータガール』、『一瞬の風になれ』、『シロガラス』…… 当代きっての物語の書き手でありまた読み手でもある3人の作家が、 お互いの作品を時にするどく時になごやかにあますところなく語り尽くす!?

命の意味 命のしるし

命の意味 命のしるし

単行本版

出版社: 講談社
著:上橋菜穂子・齊藤慶輔

NHK Eテレで放送された
「SWITCHインタビュー 達人達 vol.107命の意味 命のしるし 上橋菜穂子×齊藤慶輔」を書籍化!
大好評だった番組内容に加え、番組で収録しきれなかった数々の名言を、小学校高学年向け対象に書きおろし。

ページトップ