上橋菜穂子 公式サイト「木漏れ陽のもとで」

新着情報

新着情報【上橋菜穂子 公式サイト】 【上橋菜穂子 公式サイト】

日本文化人類学会賞を受賞しました(7/4追記:「受賞講演」映像追加)

上橋菜穂子が

「『精霊の木』(偕成社、1989年)に始まる、

文化人類学の知と想像力を活かした一連の著述活動」

に対し、第15回日本文化人類学会賞を受賞しました。

 

受賞についての詳細、および

受賞記念講演(動画)を、下記のサイトでご覧いただけます。

 

■日本文化人類学会公式サイトー第15回日本文化人類学会賞の授賞

プリンツ賞受賞スピーチをYoutubeでご覧いただけます

今年1月に、『獣の奏者』の英語翻訳版『The Beast Player』が、

米国のプリンツ賞オナー、バチェルダー賞オナーを受賞しました。

(受賞のご報告記事はこちら

 

今回、新型コロナウイルスの影響で授賞式がオンライン開催となり

日本時間の6月29日(月)にアメリカ図書館協会(ALA)のYou Tubeチャンネル

で一般無料公開となりました。

 プリンツ賞授賞式の動画では、オナー受賞に寄せた上橋菜穂子と

翻訳家の平野キャシーさんのスピーチをご覧いただけます!

ぜひご覧ください。

  

■プリンツ賞授賞式の動画はこちら (The Beast Player の紹介は5:35頃から)

■バチェルダー賞授賞式の動画はこちら (The Beast Player の紹介は17:10頃から)

 

=========================

【The ALA Book Award Celebration(アメリカ図書館協会受賞イベント)】

〇日本時間6月29日(月)アメリカ図書館協会のYoutubeチャンネル上で

プリンツ賞、バチェルダー賞の他、ニューベリー賞、

コールデコット賞などさまざまな賞の授賞イベントが行われます。

授賞式全体のプログラム、詳細情報はこちら(英文)↓↓

 アメリカ図書館協会(ALA)公式サイト

※リアルタイムではなく、後からでも映像をご覧いただけます。

『The Beast Player』が米GLLIの翻訳YA書籍賞を受賞しました

『獣の奏者』の英語翻訳版『The Beast Playerが、

アメリカGLLI(Global Literature in Libraries Initiative)の

翻訳ヤングアダルト書籍賞 (2020 Translated YA Book Prize)」を受賞しました。

 

"『獣の奏者』は、従来のYA小説によく登場する要素

―孤児や学校、魔法の獣、派閥間の争いなど―を用いているにもかかわらず、

まったく新鮮で予想外のものを、それ自体が見事に発達した世界の中に生み出している

(GLLIプレスリリースより)"

9781250307460 (2).jpg     YA Prize Winner Logo.png 

 

■GLLI公式サイト 2020 GLLI Translated YA Book Prize受賞作紹介ページ

 

我孫子市名誉市民に選ばれました

上橋菜穂子が、千葉県我孫子市の名誉市民に選ばれました。

同市の市制施行50周年を記念し、プロゴルファーの青木功さんと共に

名誉市民となることが決まりました。

我孫子市の公式サイトに、名誉市民の決定を受けた

上橋のメッセージを掲載いただいています。

 

■我孫子市ホームページ 市制50周年記念 青木功さん、上橋菜穂子さんを名誉市民に決定

『The Beast Player』が米Kirkus Reviews誌の「The Best Books of 2019」に!

『獣の奏者』の英語翻訳版『The Beast Playerが、

アメリカで1933年から続いている権威ある書評誌、

Kirkus Reviewsの「The Best Books of 2019」の1冊に選ばれました。

「Best YA Fantasy and Science Fiction」

(ヤングアダルト向けファンタジー&サイエンス・フィクション部門)

での受賞となります。

9781250307460 (2).jpg

■Kirkus Reviews公式サイト-The Best YA Fantasy and Science Fiction of 2019-The Beast Player

1

2 3 矢印 矢印
ページトップ