上橋菜穂子 公式サイト  「木漏れ陽のもとで」

ブログ

ブログ 【上橋菜穂子 公式サイト】 上橋菜穂子 公式サイト ドラマ 【上橋菜穂子 公式サイト】

ラッシャローのおばちゃんとチャグムくん

昨夜は池袋のジュンク堂でトークショーをやっていたので
はじめて
リアルタイムでドラマを観ることができなかったのですが
深夜の帰途に
ヤフーのリアルタイム検索を読んでいたら
高良ラウルさん登場で祭りになっていて(笑)
うれしかったです。


鈴木ヒュウゴも、ほんと、良いですね。
これからは
ラウルとヒュウゴがどんどん存在感を増していくので
楽しみです(^^)


チャグムとセナとヒュウゴのシーン
透明な明るさと
敵味方が曖昧になる不思議な感じが
滲みではじめたところで場面展開せねばならず
ああ、もっと見ていたいなぁと思いました。


ところで
森公美子さんが
ものすご~く良い味を出しておられましたね。


ラッシャローは
家船で暮らす人々なのです。


あのおばちゃんが
釣竿を使わずに
釣り糸だけで魚を釣っているのを見て
「教えてくれるのか?」
と、目を輝かせたチャグムに
「そんな細っこい指じゃ、魚にもってかれちまうよ」
と、言うシーンがありますが
あれは私の実体験が少し反映されています。


オーストラリアの先住民アボリジニのおばちゃんたちと
河に魚釣りに行ったとき
彼女らが釣竿を使わないので、びっくりしたのです。
(それがアボリジニの文化だ、と、一般化しないでくださいね、
念のため 笑)


釣り糸をぐるぐる巻いてある糸巻きに左手の指をひっかけておき
右手で、餌付きの針がぶら下がっている糸を
ブンッとふって川面へ飛ばすと
カラカラ回る糸巻きから繰り出された糸は
ピュ~ッと見事に宙を飛び
かなり離れた水面に、ポッチャンと落ちるのです。


それで釣れるかって?
釣れるんですよ、それが。

魚が掛かった感触が直接指に伝わってきて
お、来た! と思ったら、巧く合わせて釣り上げるんです。


でも、私は、そもそも、巧く糸を投げられなくて
「なにやってんの、ナコ! あんた、忍者の子孫でしょう?」
と、笑われたのでした。


いや、私、別に忍者の子孫じゃないし、とか
ぶつぶつ言いながら
それでも、ようやく一匹釣れて
うれしかったものです。


ただ
子どもの頃
見えなくなるほど高く凧を上げていて
いきなり強風に凧があおられて指を切ったことがあったので
小魚ならともかく
でかい魚がかかったら、指を切っちゃうんじゃないかなぁと
正直、内心、びびりながらの釣りでした。


そういう思い出が
ちょこちょこ、物語の途中で顔をだすことがあって
ラッシャローのおばちゃん登場、と、相成ったのであります。


でも、板垣瑞生くん、本当に良いなぁ。
「あんたもやってみるかい?」
と、言われたとき
ぱっと顔が明るくなって
「教えてくれるのか?」
と、聞いたときの
あのキラキラした眼差しに
まだ、どこか子どもの気持ちを残している感じがでていて
観ていて、思わず笑顔になってしまいました。


来週のチャグムくんは
大変な目に合うので
とくに、今回の、ラッシャローのおばちゃんや
セナと遊んでいたときの
伸びやかな感じに救われた気がしました。


セナも、本当に、私の物語から抜け出たようなセナで
これで白ねずみのポイがいたら完璧! と思いましたが
さすがに、ネズミはね、逃げたら、大変だしね(笑)

 


*************************
■NHK大河ファンタジー 「精霊の守り人」公式サイト

<再放送>
第5回「聖なる場所へ」
総合2017年2月25日(土)
午前0時10分から1時08分[24日(金)深夜]
 
<次回放送>
第6回「帝国の牙」
総合2017年2月25日(土)
午後9時から9時58分

facebook twitter
カテゴリ
アーカイブ
ページトップ