上橋菜穂子 公式サイト  「木漏れ陽のもとで」

ブログ

ブログ 【上橋菜穂子 公式サイト】 上橋菜穂子 公式サイト ドラマ 【上橋菜穂子 公式サイト】

禁断の恋と王権――ディーンさんに託されているもの――

今週の土曜日に放送される4話で

「トリ~シア~!」

という、

あの、ディーン・フジオカさんの絶叫が印象的な

イーハンと壇蜜トリーシアの

許されざる恋が描かれます。

 

ロタ王家の血をひく王弟イーハンにとって

決して結ばれてはならぬ相手との

どうしようもない恋。

 

一生に一度の恋をして

悲嘆の底で知ったことが

イーハンの人生を大きく変えていきます。

 

トリーシアとの悲恋によって

ベールの向こうに隠されているものに気づいた

というだけでなく

その経験を、なんとか国政に生かそうとしてきた弟を

兄王は心から愛しながらも

その行く末を危ぶんできました。

 

為政者としては優しすぎる

イーハンとチャグムは

同じような苦しみを味わい

迷いながら

歩いていくのです。

 

ドラマを観ているうちに

『神の守り人』を書いていたときの気持ち

イーハンが生き生きと躍動しはじめたときの気持ちが

思い出されてきたのですが

この新シーズン

イーハンの見え方次第で、伝わるものが変わりそうです。

 

 

『神の守り人』を書いてから

もう随分と長い年月が経ちました。

偕成社刊の軽装版(ポッシェ版)

『神の守り人』の下巻のあとがきに

2001年9月11日の同時多発テロの

一か月前に書き終えていた、と、書いていますから

16年近く前のこと、ですね。

 

 

その頃、私は、ほぼ毎年

オーストラリアでフィールドワークをしていました。

多様な民族がひとつの社会で暮らす、ということ

そして

近代という時代が生んでしまったものについて

考えていた時期でした。

 

 

ですから

『神の守り人』を書き終えて

わずか一か月後

オーストラリアの空港のテレビで

ツインタワーに旅客機が突っ込む映像を見たときは

大きな衝撃を受けました。

 

 

ああ、これまで隠れていたものが

これからは剥き出しになっていくだろうな

と、思いました。

 

 

あれから16年経ったいま

『神の守り人』を描いているこのドラマは

観る人に、どんな思いを伝えているのでしょう。

 

 

ロタ王国という南部と北部の分断を抱える国で

突如、難しい国政の舵取りを任されて

しかし、人望はまだない。

そういう男が、

「自分が良いと思っていることを実現できる圧倒的な権力」を

目の前にぶら下げられたとき

どうするか。

 

 

16年前より、「いま」の方が

ずっと、

このイーハンという男の葛藤が

観る者の胸に迫って来るかもしれませんね。

 

 

ディーンさんに託されているものは

本当に大きいのです。

 

 

*************************

■NHK大河ファンタジー 「精霊の守り人」公式サイト

【次回予告】

第4回「笑う魔物」

2017年2月11日(土)
午後9時から9時58分

2017年2月18日(土)
午前0時10分から1時08分
[17日(金)深夜](再放送)

facebook twitter
カテゴリ
アーカイブ
ページトップ